Accessクエリの管理・操作

Accessクエリの管理・操作

AccessVBAで変数を活用したクエリ(SQL)の作成

以前にAccessVBAでクエリ(SQL)を実行するコードを紹介しましたが、VBAでのSQLの実行は変数を用いるとより自由度の高い複雑な処理が可能になります。 今回はAccessVBAでクエリ(SQL)を実行する際に変数を用いる方法を紹介します。
Accessクエリの管理・操作

AccessVBAでクエリ(SQL)を実行する

AccessVBAで更新クエリ・削除クエリなどを連続して実行できる 選択クエリ・集計クエリなどレコードを変更しないクエリに関してはAccessVBAで修正するメリットは少ないですが、更新クエリ・削除クエリなどに関しては「実行する」ステップがあるため、AccessVBAを使用することでより柔軟な処理が可能になります。 特にある順序で連続してクエリを実行したり、パラメータを少し変更したクエリを複数回実行するなどの処理においてAccessVBAは非常に有用です。 今回はAccessVBAでクエリを実行するコードを紹介します。
Accessクエリの管理・操作

AccessVBAでクエリ(SQL)を修正する

SQLの文字列をVBAで修正する 前回クエリを作成したり、削除したりするAccessVBAコードを紹介しましたが、AccessVBAではその他にも作成したクエリを修正することも可能です。 今回はクエリを修正するVBAコードを紹介します。
Accessクエリの管理・操作

AccessVBAでクエリ(SQL)を作成・削除する

少し複雑なデータベースを作成し、クエリを作りっぱなしにしていると、ちょっとした条件違いのクエリが大量にできあがり、管理が面倒になってしまいます。 AccessVBAでクエリをすべて操作できるようになると、自動で使用するクエリを作成し、不要になれば削除できるので管理がしやすくなります。 今回はAccessVBAでできるクエリの操作のうち、クエリを作成・削除するVBAコードを紹介します。
Accessクエリの管理・操作

AccessVBAでクエリを操作する

Accessなどのデータベースソフトが持つ優れた機能の一つが「クエリ」です。 ある条件を満たすレコードを抽出したり、合計したり、または削除したりさまざまな処理を簡単に実行できるのが特徴です。 クエリ単独で使用してもかなり便利ですが、VBAと掛け合わせることでさらに自由度の高い処理ができるようになりますので、VBAでのクエリの操作・記載方法についてご紹介します。
スポンサーリンク