ExcelVBA一覧

Outlookの返信メールを作成するExcelVBAコード

以前からメールを一括作成して差し込み印刷のようにメールを送る方法をはじめ、Outlookを用いてメールを作成するVBAコードをいくつかご紹介していましたが、これらのコードはすべてメールを新規に作成するものでした。 今回は返信メールを作成するVBAコードを考えて少しでも作業負担を減らそうという試みです。

ExcelVBAでWordの文章を編集する

Wordで少しずつ異なるたくさんの文書を作成する必要に迫られ、何とかExcelVBAを使って簡単にできないか考えてみました。 あまり使用頻度は高くないかもしれませんが、せっかく作成してみたのでご紹介します。

たくさんのレーダーチャートを一括で作成するExcelVBA

先日、ある層の社員に対するアンケート結果をグラフにする仕事がありました。 対象の数が多い(約100人)ため、手作業でグラフを作るのが大変だったので、VBAを使用してグラフを作成する方法を考えました。 今回はその時に勉強して作った複数のレーダーチャートを一括で作成するExcelVBAを紹介します。

受信したメールを添付ファイル名に従って別のフォルダに移動するExcelVBA

私の職場ではOutlookのメールのやり取りをすることが非常に多く、色々な報告書や申込書が送られてきます。 今回、送られてくるメールを自動で仕分けることができるように、添付ファイルに特定の文字を持つメールだけを別のフォルダに移動するExcelVBAコードを考えてみました。

下書き保存したメールを一括送信するExcelVBA

以前にこちらの記事でたくさんのメールを一度に作成するコードを紹介しました。 このメール作成機能は便利ですが、作成したメールを送信する流れは極端な2通りしかなく、他の方法はありませんでした。今回は作成したメールの中身をある程度確認しつつ、一括でメールを送信する機能を考えてみました。

添付ファイルから特定の宛先に対してメールを作成するExcelVBA

Excelのファイルに内容を記載してメールに添付して送るという一連の流れは日常の業務でかなり多くの方が行うことだと思います。 今回はExcelファイルにメールを起動するボタンを用意することで送信先を間違えるリスクを減らし、メール作成の時間を短縮するExcelVBAをご紹介します。

JANコードから医薬品コードサーチのサイトで医薬品名と規格単位・YJコードなどの情報を取得するExcelVBAコード

医療用医薬品は情報がきちんと整理されておらず、必要な情報を取得するのに時間と手間がかかることが多いです。 私は普段仕事で医療用医薬品の原価・仕入管理をするのですが、情報を取得するのが面倒に感じたので自動取得ツールを作成しました。 今回は「JANコードから医薬品の規格単位や品名を取得するツール」をご紹介します。

WindowsAPIを用いてウインドウの一覧表を作成するVBAコード

ウインドウ取得のベースとなるウインドウハンドルは開くたびに新しい値となるため、毎回確認が必要です。 そのためウインドウを常に取得できるようにするにはクラス名・キャプション名を把握しておかなければ不便です。 今回はウインドウ取得に役立てられるクラス名・キャプション名一覧表を取得するVBAコードをご紹介します。

Outlookメールで送信元アドレスを変更するExcelVBA

Outlookで複数のアカウントを使い分けている方が、VBAを用いてメールを作成する場合に、送信元アドレスを設定しておきたいことがあると思います。 私も複数のアカウントを使い分けていて、特定のアドレスからメールを大量に配信したいことがあります。 今回は送信元のアドレスを指定するVBAコードを紹介します。

インターネット上のリンク先のアドレスを取得するExcelVBAコード

InternetExplorerを操作してネット上の情報を取得する場合、取得するまでのステップが多いと、一度リンク先のアドレス一覧を取得してからそれぞれのリンク先にアクセスして目的の情報を取り出す方がスムーズに動作することがあります。 今回は開いたWebページのリンクのアドレス一覧を取得するコードを紹介します。

VBAを用いてOutlookのフォルダ作成

届いたメールをフォルダ管理する方は多いと思いますが、Outlookのフォルダ作成は結構面倒でたくさんのフォルダを作成するには時間がかかります。 またVBAなどで特定のフォルダからメールや投稿ファイルを抜き出したりする際、操作する人全員が同じフォルダの構成や環境にしないといけない問題もあります。 今回はVBAを用いてフォルダを作成するVBAコードを紹介します。

Outlookで差し込み印刷のようにメール本文を作成するExcelVBA(メール作成③)

私は仕事柄メールをよく使う部署にいるのですが、宛先と内容を微妙に変えた内容のメールをたくさん送ることが多いです。 その際、内容と宛先の組み合わせを間違いやすく、不安で何度も確認しているのが非効率でした。 今回はそんな中で思いついた、宛名と宛先などの内容をWordの差し込み印刷のように一括入力できるツールを紹介します。

ExcelVBAで改行ごとにセルの値を分割する

以前「選択したセルの内容を統合するVBAコード」で複数セルの値を改行した状態で一つのセルに入力するVBAコードを紹介しましたが、表の編集をしていると、逆にセルの値を改行ごとに分割する必要がありました。 今回はその際に考えたセルの値を改行ごとに分割するVBAコードを紹介します。

AccessVBAでExcelを操作する

Accessはすごくたくさんの機能がありますが、テーブルの構造を変更したり、格納されたデータを少し入れ替えたりする場合Excelを利用する方が融通が利く場合があります。 AccessのVBAを使用してExcelを操作できると色々な操作が自動化できるようになります。 今回はAccessのVBA でExcelを起動する方法と基本的なワークシートの操作についてご紹介します。

Outlook予定表入力VBAコード

意外と面倒なOutlook予定表入力 最近自身の予定はGoogleアカウントで管理していたので、マクロを使う機会は少なかったのですが、先日部署内の予定をすべてOutlookで管理することになりました。 全部転記するのが面倒でVBAコードを作成したのでこちらでご紹介します。