ウインドウの取得

ウインドウの取得

WindowsAPIを用いてウインドウの一覧表を作成するVBAコード

ウインドウ取得のベースとなるウインドウハンドルは開くたびに新しい値となるため、毎回確認が必要です。 そのためウインドウを常に取得できるようにするにはクラス名・キャプション名を把握しておかなければ不便です。 今回はウインドウ取得に役立てられるクラス名・キャプション名一覧表を取得するVBAコードをご紹介します。
ウインドウの取得

VBAでWindowsAPIを用いてウインドウを取得する手順について

前回はウインドウの取得によく使われるWindowsAPIの関数とウインドウのプロパティを紹介しました。 これらのWindowsAPIの関数は機能が重複しているようで、ウインドウの取得に関してたくさんのアプローチがあります。 今回はこのWindowsAPIを使用して効率よくウインドウを取得する手順をいくつか紹介します。
ウインドウの取得

VBAでウインドウを取得するのによく使うWindowsAPIとその使い方

AppActivateメソッドはコードが簡単で記述しやすいのですが、キャプション名というウインドウに表示されている名称を正確に記載しなければエラーになる難点があり、キャプション名が不明な場合操作できない問題点があります。 今回はウインドウを取得するのによく使われるプロパティとWindowsAPIをいくつか紹介します。
ウインドウの取得

ウインドウを取得するVBAコード

色々なアプリをマクロやVBAで操作する場合、対象となるウインドウ(=画面)をアクティブ取得して最前面に持ってくることが第一歩となります。 今回はデスクトップ上に開いている画面を取得するVBAコードを紹介します。
スポンサーリンク