ExcelVBAでWordの文章を編集する

スポンサーリンク

ExcelでWordを操作する

Wordで少しずつ異なるたくさんの文書を作成する必要に迫られ、何とかExcelVBAを使って簡単にできないか考えてみました。
あまり使用頻度は高くないかもしれませんが、せっかく作成してみたのでご紹介します。

ExcelでWordを操作する際の準備

ExcelVBAを使ってWordを操作するには参照設定をする必要があります。
VBEの画面で「ツール」→「参照設定」→「Microsoft Word 〇〇 Object Library」にチェックを入れるようにしてください。

119-1参照設定

スポンサーリンク

今回作成したExcelVBAの概要

今回作成したExcelVBAはWordの差し込み印刷のようなイメージしています。
テンプレートファイルの該当部分の文字を指定したものに置き換え、新たなファイルをどんどん作成していくツールとなっています。

差し込み印刷と異なる部分は2点です。

  • ①差し込み元になるデータを含むExcelから起動できる
  • ②データレコード1件につき1つずつファイルを作成する
  • 差し込み印刷の設定・使い方を知らない人でも簡単に使えることをイメージして作成しました。
    (何となく自由度が低い気がして、私もあまり詳しく使いこなせていません。)

    またWordの場合は通常、単語の位置・文字数・段落などで場所を指定するのですが、Excelのセルと異なり文字を入力すると位置が変わります。

    私は下記のように入力項目に<>をつけて挿入する目印にしています。

    119-2Excel表119-3Wordテンプレート

    Wordファイルを差し込み印刷のように作成していくExcelVBAサンプルコード

    Excelで記入した表に従って、項目を入力していくExcelVBAコードになります。
    項目はいくつあっても入力できる仕様になっています。

    Declare Sub Sleep Lib "kernel32" (ByVal dwMilliseconds As Long)

    Sub Wordテンプレートに入力()

    Dim FSO As Object
    Set FSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    If FSO.FolderExists(ThisWorkbook.Path & "\作成_案内") = False Then
    FSO.CreateFolder ThisWorkbook.Path & "\作成_案内"
    End If

    Set FSO = Nothing

    Dim wdApp As Object
    Set wdApp = CreateObject("Word.Application")
    Dim i, k
    With wdApp

    i = 2
    Do Until Cells(i, 1) = ""

    k = 1
    Do Until Cells(i, k) = ""

    .Visible = True
    ’このファイルと同じフォルダにあるテンプレートファイルを開く
    .Documents.Open (ThisWorkbook.Path & "\案内_テンプレート.docx")
    Sleep 1000 ’①待ち時間を入れないとエラーになる場合があります

    With .ActiveDocument.Content.Find
    .Text = "<" & Cells(1, k).Text & ">"
    .Execute Replace:=wdReplaceAll, replacewith:=Cells(i, k).Text
    End With

    k = k + 1
    Loop

    ’②Excelセル内の改行をWordの改行に揃える
    With .ActiveDocument.Content.Find
    .Text = vbLf
    .Execute Replace:=wdReplaceAll, replacewith:=vbCr
    End With

    .Documents(.Documents.Count).SaveAs2 Filename:=ThisWorkbook.Path & "\作成_案内\案内_" & Replace(Replace(Cells(i, 2), " ", ""), " ", "") & ".docx"
    .Documents(.Documents.Count).Close

    i = i + 1
    Loop

    End With
    wdApp.Quit
    Set wdApp = Nothing

    End Sub

    作成するのに工夫が必要だったポイントは下記2点です。

  • ①Wordのファイルを開いて操作を始めるのに同期がうまくいかないのか、エラーになることがあります。
  • 他のサイトでも書いている人がいましたが、Sleepを入れて待機時間を作ると解決できました。

  • ②ExcelとWordの改行の文字が異なります。
  • Excelは「vbLf」、Wordは「vbCr」もしくは「Chr(11)」ですのでこの部分の変更は最後に行う必要があります。

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする