InternetExplorer (IE)を操作する場合のVBEの設定(参照設定)

スポンサーリンク

IEを操作するにはVBEの設定が必要

VBAでIEを自在に操作するには少しVBEでの参照設定が必要です。
今回はIEを操作するに当たって必要な参照設定について情報をお伝えします。

参照設定とは

IEを操作するためのオブジェクトはVBAに標準で組み込まれているものではなく、外部のオブジェクトライブラリにあるものです。

参照設定とはパソコンにインストールされている外部のオブジェクトライブラリの中から必要なものをVBAで使用できるように参照する仕組みです。

InternetExplorer (IE)を操作するに当たって有効にする必要のある参照設定

IEを操作するに当たって有効にする参照設定は以下の2つです。

①Microsoft HTML Object Library
②Microsoft Internet Controls

これら2つの参照設定を有効にする方法は以下の手順になります。

InternetExplorer (IE)を操作するための参照設定を有効にする方法

①Excelの開発タブから「Visual Basic」をクリックしてVBEを開きます。

IE操作参照設定1

②「ツール」→「参照設定」をクリックします。

 IE操作参照設定2

③表示されたライブラリファイル一覧の中から「Microsoft HTML Object Library」「Microsoft Internet Controls」をクリックします。

 IE操作参照設定3

④一度閉じて開きなおすと有効にした参照設定が上から順に並びます。IEの操作においては優先順位については気にしなくて大丈夫です。

 IE操作参照設定4

手順は以上です。
続いてInternetExplorer (IE)を立ち上げて画面を立ち上げるコードについて紹介します。

おすすめ書籍 amazonicon Amazon rakutenicon 楽天 Yahooicon Yahoo検索
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする