マクロの使い方・事前準備

スポンサーリンク

マクロとは

マクロとはExcelの機能の一つで、自分が行った操作についての手順を覚えさせて同じ操作を繰り返しやすくする機能です。

覚えさせた手順はVBAと言われるプログラミング言語で保存されます。

よくVBAはマクロと言われますが、正しい意味では両者は別のものを指します。

VBAはプログラミング言語の一種を指し、マクロはExcelの手順をVBAに変換するツールを指します。

マクロでできること

マクロを覚えることで様々なことが自動でできるようになります。

セルの色を変える、並び替えする、列を入れ替える、列幅を変更する、罫線を入れるなどの一連の決まった操作を繰り返し行っている場合、マクロで手順を覚えさせて自動化することができます。

最初マクロを作るのに少し時間はかかりますが同じ作業を繰り返す手間が省けるのでたくさんのシートを扱う場合により効率がよくなります。

マクロを行う事前準備について

マクロを使いやすくするには事前に少しだけ準備が必要です。

まずはマクロの記録、実行がスムーズにできるように開発タブを表示します。

1)開発タブの表示の手順

①左上のMicrosoft Officeのマークをクリックする。

②Excelのオプションをクリック

③「基本設定」→「Excelの使用に関する基本オプション」→「開発タブをリボンに表示する」

で一番右側に開発タブが表示されるようになります。

EXCELのオプション

開発タブを表示

続いてマクロが実行できる環境にするためセキュリティを調節します。

全てのマクロを有効にすると便利ですが、ウイルスなども実行される恐れがあります。

ほどほどの所に設定をします。

2)セキュリティの設定

①「開発タブ」→「マクロのセキュリティ」をクリックします。

②「警告を表示してすべてのマクロを無効にする」を選択します。

マクロのセキュリティ

マクロのセキュリティ2

全てのマクロを有効にしてもマクロは実行できますが、ウイルスなどが仕込まれたファイルも実行してしまう恐れがあるため、おすすめではありません。

以上でマクロを使うための事前準備は完了です。

マクロを記録する

マクロを記録する手順は以下の通りです。

①「開発タブ」→「マクロの記録」をクリックします。

②マクロの名前とショートカットキーを割り当てます。(ショートカットキーは割り当てなくても大丈夫です。)

③記録させたい操作を行います。

④「開発タブ」→「記録終了」をクリックします。

この手順により③で行った作業が記録され、他のファイル、シートにおいても実行することができます。

マクロを記録する手順はまた次の機会に詳しく紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする