2019-09

ファイル・フォルダ操作

AccessでApplication.GetOpenFileNameのようなダイアログを表示してファイルを選択する方法

以前からExcelVBAでファイルをダイアログで選択して開く方法として「Application.GetOpenFileName」メソッドを使用していましたが、このメソッドはExcelしか使えなくて、AccessなどでExcelファイルを開くときに使うには非常に面倒で不便なことに気づきました。
イベントプロシージャ

Workbook_Deactivateイベントを設定したファイルの致命的な使いにくさについて

仕事でVBAを扱う...
ワークシート関数

月の最終日を算出するワークシート関数

月の最終日は簡単に...
シートの操作

シートの並べ替えを実行するExcelVBAコード

今回はより便利にシートを移動できるようにシート名に従って並べ替えをする機能を考えてみました。 Excelの標準の機能ではないのでExcelVBAで作成したのですが、並べ替えの仕組みが泥臭い感じになってしまいました。 でもまあとりあえず使える状態になりましたので紹介します。
シートの操作

表示するシートの絞り込みを行うExcelVBAコード

シートの絞り込みを...
シートの操作

シート一覧を取得してシート間の移動を便利にするExcelVBAコード

以前知り合いにExcelVBAで動作するツールを作って渡した際に、使用するシートの数が多く、シート一覧の情報を簡単に取得して並べ替えたり、絞り込んだりしたいと要望をもらったことがあります。 Excel標準の機能では存在しないはずなので、きちんとした形で用意できれば色々便利に使えると思って作成してみました。
Outlook操作

Outlookの予定表を削除するExcelVBAコード

前回Outlookの予定表を登録するExcelVBAコードを紹介しました。 今回はOutlook上の予定表を常に最新の状態に保つため、Outlookの予定表を削除するExcelVBAコードを考えましたので紹介します。
Outlook操作

Outlookの予定表を登録するExcelVBAコード2(終日対応)

以前にOutlookの予定表を登録するExcelVBAコードを紹介したことがあります。 この時は終日のイベントを考慮していなかったこと、日付の設定の仕方があまり適切でなかったことがあり、今回修正案を作成することにしました。
スポンサーリンク