okumasahito一覧

文字列を切り離して配列に格納する方法

以前にこちらの記事で配列を区切り文字で区切った文字列に変換するJoin関数をご紹介しましたが、逆に文字列を区切って配列に格納する関数の存在を最近知りました。 どちらも使えるとより便利になることに気づいたのでご紹介します。

AccessでApplication.GetOpenFileNameのようなダイアログを表示してファイルを選択する方法

以前からExcelVBAでファイルをダイアログで選択して開く方法として「Application.GetOpenFileName」メソッドを使用していましたが、このメソッドはExcelしか使えなくて、AccessなどでExcelファイルを開くときに使うには非常に面倒で不便なことに気づきました。

シートの並べ替えを実行するExcelVBAコード

今回はより便利にシートを移動できるようにシート名に従って並べ替えをする機能を考えてみました。 Excelの標準の機能ではないのでExcelVBAで作成したのですが、並べ替えの仕組みが泥臭い感じになってしまいました。 でもまあとりあえず使える状態になりましたので紹介します。

シート一覧を取得してシート間の移動を便利にするExcelVBAコード

以前知り合いにExcelVBAで動作するツールを作って渡した際に、使用するシートの数が多く、シート一覧の情報を簡単に取得して並べ替えたり、絞り込んだりしたいと要望をもらったことがあります。 Excel標準の機能では存在しないはずなので、きちんとした形で用意できれば色々便利に使えると思って作成してみました。

ファイルの作成日と更新日を取得するVBAコード

バックアップを定期的に取るためのツールを作成しはじめたのですが、バックアップ先にファイルを保存していくときに既に同じ名前の古いファイルが存在していた場合、ファイルの更新日を比較する必要があることに気づきました。 FSO(FileSystemObject)を使って意外と簡単に作成日・更新日を取得できるのでご紹介します。

Accessで現在のデータベースのPathを取得する

<p>今回ご紹介するのはAccessでの現在のファイルのPathを指定するコードです。</p> <p>ExcelVBAでは「ThisWorkbook.Path」で覚えているのですが、Accessのファイルを指定する方法については今まで何度か忘れて→調べて思い出すを繰り返していたので、備忘録として残しておきます。</p>

Outlookで添付ファイルを残した状態で返信メールを作成するExcelVBA

私の仕事の中で研修の申込書をメールで受け取って集計する業務があります。</br> 集計時に困るのが、対象者が多いためか徹底されず違うメールアドレスに送ってくることが多くあることです。</br> 今回はメールに返信すると同時に添付されている申込書を正しいアドレスに転送するVBAコードを考えてみました。</br>

Outlookの返信メールを作成するExcelVBAコード

以前からメールを一括作成して差し込み印刷のようにメールを送る方法をはじめ、Outlookを用いてメールを作成するVBAコードをいくつかご紹介していましたが、これらのコードはすべてメールを新規に作成するものでした。 今回は返信メールを作成するVBAコードを考えて少しでも作業負担を減らそうという試みです。

時間を比較するときに使うVBAの関数について

以前に乗り換え検索を自動で行うツールをご紹介しましたが、追加で所要時間を比較する必要があり、コードを考えました。 文字列で書かれている時間を比較するには関数を用いて変換をしたり、少しコツが必要になりますので、ここで紹介します。

NO IMAGE

VBScriptでWindowsAPIを使用する方法

WindowsAPIはExcelVBAやAccessVBAで実行しても良かったのですが、すぐに実行できる方法が良かったので、VBScriptでコードを書いてみました。 今回はアプリのWindowsAPIを用いてウインドウを閉じるVBScriptで操作する方法をVBAでの記載方法と比較しながら紹介します。

ExcelVBAでWordの文章を編集する

Wordで少しずつ異なるたくさんの文書を作成する必要に迫られ、何とかExcelVBAを使って簡単にできないか考えてみました。 あまり使用頻度は高くないかもしれませんが、せっかく作成してみたのでご紹介します。

条件に一致するレコードの件数を調べるAccessVBA

複数のサイズで印刷できるように条件を設定し、レポートで出力する仕組みで作成していたのですが、不要なレポートを開かないようにするために、条件に合うレコードの件数を取得する方法を調べました。 今回はAccessVBAで対象レコードの件数を取得する方法を紹介します。

たくさんのレーダーチャートを一括で作成するExcelVBA

先日、ある層の社員に対するアンケート結果をグラフにする仕事がありました。 対象の数が多い(約100人)ため、手作業でグラフを作るのが大変だったので、VBAを使用してグラフを作成する方法を考えました。 今回はその時に勉強して作った複数のレーダーチャートを一括で作成するExcelVBAを紹介します。