okumasahito

ワークシート関数・ユーザー定義関数

VLOOKUP関数よりも簡単に左側の列の値を取得する方法

私は感じているVLOOKUP関数への不満は「リストの中で検索対象文字列の右側の値しか表示できないこと」です。 今回はVLOOKUP関数を使わずにより簡単にリスト中の左側の列の値を表示させる方法をご紹介します。
InternetExplorer(IE)操作

HTMLのオブジェクトの位置を取得してカーソルを合わせるExcelVBAコード

ログイン画面にIDとパスワードを入力して個別ページに移動する際、テキストボックスに入力したIDとパスワードをうまく読み込んでいない現象がありました。 今回はウェブサイト側に認識される形でテキストボックスにIDとパスワードを入力する方法について私が調べて作ったExcelコードを紹介します。
InternetExplorer(IE)操作

入れ子になっているHTMLの要素を取得するVBAコードについて

これまでVBAでIEを操作する方法について、いくつかご紹介してきました。 私自身も多くのページの処理ツールを作ってきましたが、中には要素の抽出に苦戦するものもありました。 今回は要素を特定しにくいサイトで、望んだ部分の要素の値を抽出するのに役立つ入れ子になったデータを抜き出す方法についてご紹介します。
スポンサーリンク
Excel操作

AccessVBAでExcelを操作する2つの方法と使い分けについて

以前こちらの記事でAccessVBAでExcelを操作する方法をご紹介しました。 実際にこの方法を用いてExcelを用いて加工していたのですが、少し複雑な処理をしたところスピードが大きく下がり、日常的に支障が出ることがありました。 その際AccessVBAでExcelを操作する別の方法で解決できたので手順を紹介します。
シートの操作

罫線を引くExcelVBAコードをわかりやすくする

罫線を引くVBAコードを書きたいことが多いにも関わらず思い出せない→マクロの記録でコードの書き方を確認する→マクロの記録で出来上がるコードが長くて読みにくくてわかりにくい→イライラするという悪循環を繰り返していました。今回は簡単に使えるコードを備忘録も兼ねてご紹介します。
BarCode作成

ExcelVBAの機能でバーコードを作成する2

以前にこちらの記事でバーコードを作成するExcelVBAコードを紹介しましたが、その時は下記の問題点・課題がありました。 ①8桁JANコードを作成できない ②バーコードがセルの背景色として作られているので使い勝手が良くないなど 今回はこれらの課題を修正したVBAコードを紹介します。
シートの操作

セルの範囲を画像としてコピーするExcelVBAコード

セル範囲を画像とし...
BarCode作成

ExcelVBAでJAN一覧表からバーコードを作成する

以前にJavascriptでバーコードを作成するツールを紹介しましたが、仕事でたくさんのバーコードを連続で作成する必要がありました。 そこで今回はExcelVBAの標準の機能のみでバーコードを連続作成するツールを考えてみました。
配列

文字列を切り離して配列に格納する方法

以前にこちらの記事で配列を区切り文字で区切った文字列に変換するJoin関数をご紹介しましたが、逆に文字列を区切って配列に格納する関数の存在を最近知りました。 どちらも使えるとより便利になることに気づいたのでご紹介します。
ファイル・フォルダ操作

AccessでApplication.GetOpenFileNameのようなダイアログを表示してファイルを選択する方法

以前からExcelVBAでファイルをダイアログで選択して開く方法として「Application.GetOpenFileName」メソッドを使用していましたが、このメソッドはExcelしか使えなくて、AccessなどでExcelファイルを開くときに使うには非常に面倒で不便なことに気づきました。
イベントプロシージャ

Workbook_Deactivateイベントを設定したファイルの致命的な使いにくさについて

仕事でVBAを扱う...
ワークシート関数

月の最終日を算出するワークシート関数

月の最終日は簡単に...
シートの操作

シートの並べ替えを実行するExcelVBAコード

今回はより便利にシートを移動できるようにシート名に従って並べ替えをする機能を考えてみました。 Excelの標準の機能ではないのでExcelVBAで作成したのですが、並べ替えの仕組みが泥臭い感じになってしまいました。 でもまあとりあえず使える状態になりましたので紹介します。
シートの操作

表示するシートの絞り込みを行うExcelVBAコード

シートの絞り込みを...
シートの操作

シート一覧を取得してシート間の移動を便利にするExcelVBAコード

以前知り合いにExcelVBAで動作するツールを作って渡した際に、使用するシートの数が多く、シート一覧の情報を簡単に取得して並べ替えたり、絞り込んだりしたいと要望をもらったことがあります。 Excel標準の機能では存在しないはずなので、きちんとした形で用意できれば色々便利に使えると思って作成してみました。
Outlook操作

Outlookの予定表を削除するExcelVBAコード

前回Outlookの予定表を登録するExcelVBAコードを紹介しました。 今回はOutlook上の予定表を常に最新の状態に保つため、Outlookの予定表を削除するExcelVBAコードを考えましたので紹介します。
Outlook操作

Outlookの予定表を登録するExcelVBAコード2(終日対応)

以前にOutlookの予定表を登録するExcelVBAコードを紹介したことがあります。 この時は終日のイベントを考慮していなかったこと、日付の設定の仕方があまり適切でなかったことがあり、今回修正案を作成することにしました。
ファイル・フォルダ操作

ファイルの作成日と更新日を取得するVBAコード

バックアップを定期的に取るためのツールを作成しはじめたのですが、バックアップ先にファイルを保存していくときに既に同じ名前の古いファイルが存在していた場合、ファイルの更新日を比較する必要があることに気づきました。 FSO(FileSystemObject)を使って意外と簡単に作成日・更新日を取得できるのでご紹介します。
パス取得

Accessで現在のデータベースのPathを取得する

今回ご紹介するのはAccessでの現在のファイルのPathを指定するコードです。

ExcelVBAでは「ThisWorkbook.Path」で覚えているのですが、Accessのファイルを指定する方法については今まで何度か忘れて→調べて思い出すを繰り返していたので、備忘録として残しておきます。

Outlook操作

Outlookで添付ファイルを残した状態で返信メールを作成するExcelVBA

私の仕事の中で研修の申込書をメールで受け取って集計する業務があります。
集計時に困るのが、対象者が多いためか徹底されず違うメールアドレスに送ってくることが多くあることです。
今回はメールに返信すると同時に添付されている申込書を正しいアドレスに転送するVBAコードを考えてみました。
スポンサーリンク